Menu

SEO対策の今と昔

SEO対策の今と昔について

SEO対策は、今と昔で全く別物になっているといっても過言ではありません。

ひと昔前であれば、SEOといえばキーワードの詰め込みがメインでした。検索ワードの記事内での出現頻度がランクに直結するため、メタキーワードに関連しそうなワードをとにかく大量に詰め込むといった悪質な手法がまかり通っていて、肝心の記事の中身はお粗末なもの、ということがよくありました。

しかし、今ではGoogleが目標とする「ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供すること」に目を向けない限り、上位表示させることはできないようになっています。現在でのSEOの王道はコンテンツファーストのことであり、キーワードやリンクといったものはあくまでもテクニックであることを理解しましょう。