Menu

日本におけるSEOについて

日本におけるSEOについて

日本市場におけるSEOは世界標準のそれと大差あるわけではありません。Googleが理想とする「ユーザーに価値あるコンテンツを提供すること」に沿ったコンテンツを作成することをモットーとするのは、間違いなく万国共通です。

しいて言うなら、利用される検索エンジン(プラットフォーム)の比率が多少異なることでしょう。日本では昔からソフトバンク傘下のYahoo!JAPANユーザーが多く、そのためYahooをメインの検索エンジンとして利用している人が多いです。

しかし、最近ではYahooもGoogleの検索エンジンをそっくりそのまま使用しているため、実質的にSEO対策をすること=Googleで上位表示させること、となっています。GoogleやYahooの他にもMicrosoftが提供するBingなどを利用する人もいますが、数パーセント程度にとどまります。